MIYOフラメンコ教室 フライコ

topazul2

躍動と美、溢れる鼓動。生の歌とギターで踊る感動を味わえる習い事です。

MIYO☆フライコ ソロ

楽しい・嬉しいフライコのクラス

全身をバランス良く動かしながら、リズムの特徴をつかむ練習メニューで、早い段階からフラメンコの醍醐味を味わえるようになります。美しい立ち姿、リズム感の習得と運動能力の向上、お子様の体力づくり、表現力や主体性の育成、美肌効果、ストレス発散など多くの効果があるとの声をいただいています。

MIYO
軽やかな毎日を過ごしたい参加者それぞれの輝きが増すよう、多角的なアプローチで、楽しみながら確実に上達できる練習をしています。生きた芸術であるフラメンコを、自分の感性で表現する喜びを一緒に味わいましょう!

この春限定!フライコの新感覚オンラインレッスンで、フラメンコを始めよう。

つながるライブ・ワークショップ

ライブ・イベント
非日常空間で練習の成果を実感できる場をもうけています。 身近で迫力を味わえるミニライブからホールでの発表会、各地のイベントやお祭りのステージ等、華やかに踊り、地元の皆さまと思い出になるひと時を過ごしています。

ワークショップ
フラメンコへの理解を深める為、歌や音楽理論等通常のクラスと違う角度からフラメンコを学ぶ場として、ワークショップを開催しています。オープンクラスで、フラメンコに触れてみたい方はどなたでもご参加できます。

※活動記録は只今制作中です。

フライコ(FLAYCO)について

「フライコ」という名前には、フラメンコ(flamenco)、フラマ(flama 炎)、アイレ(aire 雰囲気)、コラソン(corazón 心)という言葉が隠れています。情熱を燃やそう、持ち味を生かそう、気持ちを伝えようという願いが込められた造語です。本来スペイン語の単語の真ん中に無いYには、フラメンコにある遊び心を込めています。

フラメンコの魅力


 スペインに古くからあった民族音楽に、アラブ音楽、ジプシー音楽、ユダヤ音楽、ヨーロッパのクラシック音楽等の要素が加わり、 19世紀に、歌(カンテ・フラメンコ)とギター(トケ・フラメンコ)と踊り(バイレ・フラメンコ)の三つを柱とする現在のフラメンコが出来上がったと言われています。 手拍子(パルマ)やハレオ(かけ声)も、フラメンコを彩るに忘れてはならない要素です。その発展にはロマ族の影響が強く、歌詞にはロマ族の文化が随所に表れています。
 現在のフラメンコは民族芸能の枠を超え、芸術性の高い舞台作品、多ジャンルと融合した作品等も上演され、今や世界中で親しまれています。2010年にはユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

生徒達の声

フライコの生徒達に、フライコを選んだきっかけやフラメンコを続けて良かったことなどをインタビューし、そのまま掲載しています。『生徒達の声』をご覧ください。



MIYOフラメンコ教室 フライコ
山口県(山口市、下松市、周南市)
Mail. info@flayco.net
URL https.://flayco.net